投資信託で凡人がセミリタイアするブログ

投資信託へ投資する平凡な共働きサラリーマンが40代でのセミリタイアを目指し、投資や節約に奮闘する内容を記事にしていきます

スポンサーリンク

ふるさと納税の締め切り間近(おすすめ商品を紹介)

2019年のふるさと納税の締め切りが迫ってきました。

ひょしおんぬは毎年ふるさと納税の制度を利用しており、お安く地方自治体の商品を頂いているだけではなく、楽天ポイントも大量に稼いでいます。

ふるさと納税の返礼品を受け取った方は、地方自治体への申請(または確定申告)も忘れないようにご注意ください。

 

というわけで、今回はふるさと納税のおすすめ商品について記事にさせてもらいます。

 

よろしければ以下記事もご参照ください。

貯蓄の為には税金対策も大切ですが、貯金だけしていては資産の価値が目減りしていく危険性があります。

「貯蓄は貯金(日本円)だけ」というギャンブル

 

<目次>

 

 

ふるさと納税とは」

ふるさと納税とは「各地方自治体に寄付(納税)することで、寄付した金額に近い額が所得税等から控除され、寄付先の名産品をお礼品としてもらうコトもできる制度」です。

 

「寄付した金額 - 2千円」の控除が受けられるため、「8万円寄付」すれば「7万8千円の控除」が受けられることになります。

よって、実質2千円を支払うことで、寄付先からお礼品を受け取ることができます。

そして、お礼品は「寄付額の3割相当の金額を上限とした品」と定められています。

 

「10万円ふるさと納税を利用した場合」を例にすると

・マイナス10万円(10万円のふるさと納税

・プラス9万8千円(税金の控除)

・プラス3万円分の商品(返礼品)

となりますので、合計すると「2万8千円の得をする」となります。

 

また、楽天市場ふるさと納税を使用すれば楽天ポイントも付与されますので、

・プラス2万5千円分の楽天ポイント(ひょしおんぬの場合)

となり、上記と合計すると「5万3千円の得をする」

となります。

 ※楽天ポイントの稼ぎ方は以下記事をご参照ください。

楽天ポイントの取得倍率を上げて生活費を節約する方法

  

これだけでもかなりお得な制度であることが分かると思います。 

スポンサーリンク

 

ふるさと納税でおすすめ商品の選び方」

ふるさと納税はざっくり分けると以下2つの考え方で利用できます。

・生活費の節約

・高級品を安く手に入れる

 

「節約」を重視して使用する場合、返礼品の選択には注意が必要です。 

ふるさと納税のおすすめ商品をネット上で探していると、上位に並ぶのは「高級和牛」や「うなぎ」など価格の高いものです。

これらの為にふるさと納税を使用すると「高級品をお安く手にいれられる」ため、「お得」にはなりますが、「生活費の節約」にはなりません。

 

「高級食材をお安く手に入れた」ところで結局のところ「1食分の食事代が浮いただけ」であるコトを理解してください。

「節約」を目的としてふるさと納税を利用するのであれば「お米」などの、日常から消費しているものを選びましょう。

 

と、お堅く書いてまいりましたが、ひょしおんぬは贅沢品が返礼品として受け取れる自治体へのふるさと納税もしています。

 

ふるさと納税おすすめNo1:もつ鍋」

それがこの「博多若杉さんのもつ鍋」。これはやばい。

(寄付額:1万5千円(左)、1万3千円(右))

 子育ての関係で「やばい」って単語を安易に使わないようにしているけど、これは「やばい」。

毎年リピートしている、むちゃくちゃ美味しいもつ鍋です。

「もつ鍋に限らず、これを超える鍋を食べたことがない」ってくらい美味しいです。

 

このもつ鍋は、冷凍状態でもつ鍋に必要な具材(肉・スープ)が届くので、自分でキャベツ、ゴボウ、豆腐など、鍋に追加したい具材を準備し、一緒に鍋にいれるだけで出来上がります。

 

一番の特徴は「かなり大きなプリっぷりのモツ」で、よくある「鍋に入れたらモツが小さくなった…」ということがなく、大きいサイズでプリプリ状態のモツがいただけます。 

ついでに送られてくる柚子胡椒(小袋入り)も驚くほど美味しく、こってりしたもつ鍋を軽く食べられてしまう魔法のアイテムです。

 

また、シメとして同封されている冷凍ちゃんぽん麺も驚異的に旨く、さらにシメのシメの雑炊(ご飯は自分で炊いて)はもっと最高です(一緒に入れるゴマのプチプチという触感と最高に相性がいい) 

食後は毎回動けなくなるほど満腹になり、幸福感に満たされ続けます。

 

ちなみに妻も同じようにこのもつ鍋が好きで、夫婦で年間4万円分の寄付(で16~20人前)をしています。

 

「その他おすすめ商品」

 他に我が家でリピートしているおすすめ商品も紹介させてもらいます。

 

さんきょうみらい豚のセット(寄付額:1万円)

 美味しい豚肉が大量に入っているだけでなく、種類も豊富で「豚バラ」「生姜焼き用」「しゃぶしゃぶ用」「生ハム」などなどが返礼品として頂けます。

全て冷凍状態で届くので、好きな時に解凍して頂けます。

量が多いので食費の節約にもなりますし、「生ハム」が美味しいんだなこれが。

 

普段安っすい豚肉ばかり買っているせいか、たまに美味しいお肉を食べると感動しますね・・・。

 

無洗米

あとは普通に美味しい無洗米。

 

これはまさに「節約」の為にふるさと納税を活用しているもので、スーパーで買う手間(重いから面倒)も省けるし、比較的お安くちゃんと美味しい無洗米が頂けます。

 

本ブログの趣旨(セミリタイア)的にはこのお米が「一押し」 になります。

最もダイレクトに節約に効果が出て、かつ外れを引く危険性が低く、かなり無難な選択でもあります。

 

スポンサーリンク

 

「最後にもう一度」

今回はおすすめのふるさと納税について記事にさせてもらいました。

ふるさと納税を上手く活用することで「節約」だけでなく、「楽天ポイント」も手に入れることができます。

 

そして、セミリタイアブログとしては「お米」を一番に推したいところですが、やはり個人的には「博多若杉さんのもつ鍋」が最高におすすめです。

 

このもつ鍋は節約云々の話ではなく、ただのレジャーだと考えています。

節約にばかり気を遣わずに時には息抜きしてもいいですよね。 

 

 

以下をクリック頂くと大変嬉しく励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

 

よろしければ以下記事もご参照ください。

  

hyoshionnu.hatenablog.com 

hyoshionnu.hatenablog.com

 

それではまた。

【快適ライフで節約】一条工務店(i-Smart)がおすすめ

ひょしおんぬは「全館床暖房」や「家は性能」で有名な一条工務店(i-Smart)で、およそ5年ほど前に家を建て暮らしています。

気密断熱が非常に優れていることから、空調設備や床暖房を使用しても光熱費が安く済み助かっています。

今回は一条工務店の家に住んでいて感じているメリットを記事にしたいと思います。

 

よろしければ以下記事もご参照ください。

【必見】ストレスから自分を守る方法(ストレスは悪ではない)

 

<目次>

 

  

一条工務店とは」

一軒家の購入を検討したことがない方にとって、「一条工務店」は聞きなれない工務店ではないかと思いますが、日本有数の木造建築のハウスメーカーです。

 

他ハウスメーカに比べて特徴がはっきりしており「気密断熱性能がダントツで高い(光熱費が安い)」「トイレ、風呂、廊下も含めた全館床暖房を設置可能」「建築費が1坪〇〇万円と分かりやすい」などなどを売りにしています。

 

他にも「地震に強い」「火災に強い」「長期間保証」など、ほとんどの大規模ハウスメーカがアピールしている性能(皆がしているからアピールポイントになっていませんが)も持っています。

 

そしてひょしおんぬが住んでいるのは「i-Smart」という一条工務店一番の売れ筋商品で、全館床暖房や外装のハイデロテクトタイル(紫外線&水により汚れが勝手に綺麗になるタイル)等などの装備が標準装備されている住宅です。 

スポンサーリンク

 

 

一条工務店のメリット」

その一条工務店に住んでいて感じる最大のメリットを2点にだけにしぼって挙げます。

この2点だけでも「一条工務店を選んで良かった」と言えるほど、他ハウスメーカとは段違いのメリットがあります。

 

全館床暖房

一条工務店の最大のアピールポイントと言っても過言ではないのが「全館床暖房」です。

玄関の土間部分、押し入れ、階段を除く全ての箇所に床暖房が設置されており、冬には24時間床暖房を入れっぱなしにしておくコトを推奨されています。

(床暖房のON,OFFを繰り返すよりも光熱費が安く済むため)

 

最も感動的なのは「風呂」「トイレ」「廊下」の床が温かいコトです。

リビングでは暖房をつけていても、お風呂やトイレに行く際にはスリッパを履いて、それでも「寒っ」となるのが通常の住宅だと思いますが、全館床暖房の一条工務店にはそれがありません。

スリッパを履くどころか裸足で移動できますし、風呂に入る際にもお湯で床を温めたりする必要はありません。

(懐かしき「つま先立ちで風呂(洗い場)に入る」時代よ…)

朝起きてベッドから降りる前に、布団の中で靴下を履いたり着替えたりする必要もありません。

(寝る前に布団の中に着替えや靴下を入れておいたりしたなぁ…)

 

さらに、エアコンと違って風で温めているわけではありませんので、家全体が自然な温かさ包まれますし、身体に風が当たるのが気になったりするコトもありません。

(湿度の減少も抑えられます)

 

それでいて光熱費が安い。

我が家の場合は真冬でも25,000円くらい(オール電化

春・秋は8,000円くらいです。

夏は10,000円超くらいです(エアコン入れっぱなし)

 

気密断熱性能

その光熱費の節約に役立っているのが一条工務店の売りである「高気密、高断熱」です。

言葉からある程度想像頂けると思いますが「高気密=温めた空気を家の隙間から逃がさない」「高断熱=温めた温度を壁や窓から逃がさない」コトを指しています。

「高気密、高断熱」であるからこそ、全館床暖房を24時間使用していても上記で上げたような光熱費に収まります。

 

なお「高気密」といっても、家の中の空気の入れかを一切シャットアウトしているわけではなく、「熱交換器を利用した空気入れ替え機(ロスガード)」が稼働しているので「空気自体は入れ替えながらも空気の持っている熱は逃さない」という対策がされています。

また外部からの空気取り込みはフィルターを通して行われるので、花粉や危険な化学物質等が空気と一緒に家の中に入り込むことはなく、「外よりも家の中の空気のほうが綺麗」と言えます。

 

また、断熱で一番重要となる「窓」は、トリプルガラス樹脂サッシを採用しており、窓付近にいると寒く感じるようなコトはありませんし、(愛知県平野部なら)真冬でない限り窓が結露するコトはありません。

(開け閉めするときにちょっと重いですが)

 

一条工務店(i-Smart)のデメリット」

 ひょしおんぬが住んでいて感じている一条工務店のデメリットは特にありませんので、よく聞くデメリットを挙げてみます。

 

デザインがダサく選択幅が狭い

「デザインがダサい」に関しては好みによるとしか言えませんが、一条工務店(i-Smart)で建てた家の外観は多くが似たデザインになります。

それは売りの一つである外装のハイドロテクトタイルが色以外の選択肢(タイル形状などが選べない)が無いためで、外構が目立たない作りであればどの家も似たような家に見えてしまいます。

(これをデメリットと受け取るかどうかは人それぞれですが)

 

建築費が高い

「何と比較するか」にもよりますが、タマホームや安さが売りの所謂「地元工務店」と比較すると建築費は高くつきます。

 

ただ、他の住宅メーカと違って値段がぶれないので、当初計画していた予算通りに済ませやすいというメリットがあります。

一条工務店は「一坪〇〇万円」と明確に打ち出しており、値引きも基本的にはありません(オプションは別料金です)

 

しかし他ハウスメーカでは、住宅の仕様をきっちり決めるまで建築費用がフワフワしており、数百万円の値引きもざらにあります。

そして値引きした分だけ建築材(壁や柱など)が安物になっていたりします…。

 

また、一条工務店並みの性能を持った家を別のハウスメーカで建てようとした場合、もっと高額になることは間違いありません。

一条工務店ではi-Smartという商品としてパッケージ化し、ある程度の段階まで工場生産しているコトで建築費を安く済ませられています。

 

まとめ

今回は一条工務店について記事にさせて頂きました。

実際に5年間住んでみての感想なので、一条工務店での購入を検討されている方の参考になるかなと思います。

 

もしリクエストがあれば、今後も一条工務店の感想について記事にしていきたいと思います。

 

是非とも一条工務店仲間になりましょう。

 

以下をクリック頂けると大変嬉しく、励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

 

よろしければ以下記事もご参照ください。

hyoshionnu.hatenablog.com

hyoshionnu.hatenablog.com

 

それではまた。

【体験談】うつからの回復(運動が対策にならない時もある)

うつ対策、ストレス解消として「運動」を勧められるケースがよく見受けられますが、常にそれが正解とは限りません。

実際に体を動かすと、日常生活で出会った嫌な出来事を忘れらてスッキリしますし、体力強化によって肉体疲労からくるストレス対策にもつながります。

実際に、ひょしおんぬもアーリーリタイア後に向けて、ストレス解消・体力強化を目的とした筋トレを実施しています。

 

よろしければ以下記事もご参照ください。

【必見】ストレスから自分を守る方法(ストレスは悪ではない)

 

<目次> 

 

「ひどいうつ状態時には運動がお勧めできない」

しかし、ストレス対策として「とにかく運動する」では状況を悪化させる恐れがあります。

これはひょしおんぬが過去に仕事が原因でメンタルがやられた際の経験です。

 

本当にひどく落ち込んでいる際は、運動する気どころか何も手が付かない状態なので、強制的に休みを取る状態となってしまいます。

しかし、ある程度回復してきた際に「運動した方がいいかな?」という思考が浮かんできました。

 

その際に筋トレを(気持ち控えめに)実施したところ、筋トレ最中や筋トレ直後は「スッキリした!」とポジティブな感情が思考の多くを占めていましたが、数時間経過後からどんどんネガティブな感情が沸いて、全身に脱力感が襲ってきました。

 

恐らく時間が経過するにつれて「筋トレによる高揚感」が消え「疲労感」だけが残った状態となり、回復しきっていないメンタルに肉体的疲労が襲い掛かったためだと考えています。

この時は本当に「もうダメだ。全て終わった。取り返しがつかない…」と考えてしまうくらい最悪の気分でした。

 

それだけでなく翌日も「普段であれば心地良さと充実感を演出してくれる筋肉痛」が苦痛で仕方なく感じました。

 

ちなみに、同様の経験をその数日後にもう一度しました・・・。

2回目の時は「もう大丈夫だろ!」と思ってやってみたもののダメだった・・・。 

スポンサーリンク

 

「運動は日々の習慣にしよう」

 というわけで、基本的に運動はストレス解消に役立ちますが、メンタルの最悪期には追加で精神的ダメージを与えることもあります。

運動は「ストレスを受けてから始める」のではなく日々の習慣として取り組み、ストレスの予防に期待して行うのが良いでしょう。

それはストレス対策だけでなく、健康にとっても良い行為となります。

 

メンタルの最悪期には「休養する」ことに徹底し、ある程度回復してきたら軽めの運動から始めていきましょう。

 

「休養していても不安な感情が押し寄せてきて落ち着かない方に」

とはいえ「休め」と言われても、メンタルの最悪期は精神的に休まらない状態が続きます。

何もしていないくても、マイナスのイメージはどんどん浮かんできますし、映画でも見ようと思っても全く集中できません。

 

ひょしおんぬも最悪期に「瞑想(マインドフルネス)」「読書」「映画鑑賞」「散歩」「掃除」「運動」などなど色々とチャレンジしてみましたが、どれにも集中できず、効果は得られませんでした。

 

そういった経験から同様の状態の方にできるアドバイスはこれだけです。

「回復を早めるのは諦めよう。時間が治療してくれる。」

 

ある程度の時が立ちメンタル回復してきたら、自分のやりたいことを始めましょう。

その時に多少でも楽しむことができれば回復してきた証拠です。

それまでは辛い時間を過ごすことになりますが、必ず回復しますので過剰な心配をしないようにしてください。

 

辛い時にはとにかく休む。

これが鉄則です。 

スポンサーリンク

 

「まともに眠れない場合は」

ただし、夜まともに眠れない状態であれば、睡眠薬を服用してでも睡眠時間を確保することをお勧めします。

 

脳内に溜まっている老廃物は睡眠時にのみ除去されるため、睡眠がまともに取れないと脳の疲労は溜まっていく一方で、メンタルにとっても最悪の状況を引き起こします。

そしてこの老廃物の除去は眠りが深くないと効果が低いことから、昼寝等での除去には大きく期待できません。

 

よって、ストレス等によって睡眠に問題が起きているようであれば、早めに心療内科で診てもらい、必要に応じて睡眠薬を活用しましょう。

 

「おまけ:ほとんどタイトルと関係ありませんが」

ちなみに「ストレスたまり気味」程度の時に、筋トレをするのはポジティブ効果(ストレス解消)が大きく表れますが、「体調がやられ気味」の時に筋トレすると体調が悪化する公算が高いです。

当たり前ですが。

 

しかし稀に「風邪気味」の時に筋トレをすると風邪が治るコトがありますので、興味がある方は是非お試しください。

※効果には個人差があります。

※ひょしおんぬは悪化と治癒が半々くらいです。

 

以下をクリック頂けると大変嬉しく、励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

 

よろしければ以下記事もご参照ください。

 

hyoshionnu.hatenablog.com hyoshionnu.hatenablog.com

 

それではまた。

「集中力」を鍛えてセミリタイア(アーリーリタイア)を実現する

「集中力」を持って行えば、どんな行為であっても効率がアップします。

「集中力」とはトレーニングで鍛えられるもので、その「集中力」をセミリタイアに向けて活用するテクニックについて記事にします。

 

よろしければ以下記事もご参照ください。

アーリーリタイアとセミリタイアの考え方

【必見】ストレスから自分を守る方法(ストレスは悪ではない)

 

<<目次>> 

 

セミリタイアに向けて集中力を持って行動する」 

日頃から「アーリーリタイア」に対しての意識を持っていると、自然と「アーリーリタイアに対する情報」が集まってくるようになります。

 普段は何となく読んでいたニュースの記事群にある、「投資」や「節約」に関する単語が目に付くようになります。

今まで全く気にもしていなかった自社のIR情報が気になるようになります。

 

アーリーリタイアするということは「常人よりも短い期間しか労働しない」ということなので「常人よりも短期間に集中して労働し、学ぶ必要がある」とも言えます。

そのためには「集中力」を活用し、仕事やアーリーリタイアに関する事柄(節約や副業、経済情勢の把握など)について、短期間で成果を出す必要があります。 

 

ちなみに「アーリーリタイア」について色々調べていると、ネット上によくある「個人向けにカスタマイズされた広告」が投資に関する広告ばかりになりますが、ほとんど役に立ちません。

「共同大家で年利10%を保証!」のような広告が頻繁に出現しますが、そんな上手い話はそうそうないので騙されないようにご注意ください。

 

「集中力とは」

ざっくりと「集中力」という単語を使っていますが、簡単に説明します。

 

読書をしている時に、本とは全く関係ない考えが浮かんでくることがあると思いますが、これは「集中力を欠いている状態」と言えます。

 

この状態にあると、せっかく読書に時間を割り当てているのにも関わらず、本の内容が頭に入ってこず、効果の少ない時間を過ごすコトとなります。

逆に集中力を持って読書をすれば、短時間で本の内容を理解でき記憶にも深く残ります。

 

この「集中力」について多くの人は「俺は集中力がないから損してるなー」と考えてしまい、「集中力を鍛えよう」という考えにはなかなか至りませんが、実際にはトレーニングすることで集中力は鍛えられます。 

スポンサーリンク

 

「集中力のトレーニング方法」

集中力をトレーニングすることは簡単です。

「何をするにしても集中して行うよう決意して、それを実行する」それだけです。

「読書」を例に挙げさせてもらいます。

 

ひょしおんぬは通勤電車の中で読書することを習慣にしていますが、集中できていなかった時は「駅について乗り降りする人が気になったり」「本と関係ないコトを思い出したり」「車内アナウンスを頭の中でリピートしていたり」「途中でスマホを見てしまったり」と、読書中であっても自分にとって利益のない思考に時間を取られてしまうコトがありました。

 

しかし「集中して読書をしよう!」と決心して読書を繰り返し行うことで、そういった雑念が浮かんでこなくなります。

 

これは、一度「集中して読書をしよう!」と考えて実行しただけでは効果が表れ辛いですが、それを毎日の通勤電車の中で行うことで少しずつ集中力が身に付いてくることが実感できます。

(この「集中して読書できる」というのは結構な快感で、元々趣味だった読書にさらにのめりこむきっかけともなりました)

 

「集中力」は繰り返し「集中」するコトでトレーニングされていくわけです。

 

逆に「集中しよう!」と考えていたのにもかからわず、途中で漫画を読みだすような行為を行うと、そのたびに集中力は衰えていきます。

「集中している際にほか事をするトレーニング」をしているコトになり、それを続けているとそれが習慣になっていまい、集中力のない人物になってしまいます。

 

悪習慣が身に付いてしまわないよう断固たる決意を持って取り組みましょう。 

 

自分の意志で「集中力を鍛えよう」と決意し、それを実践するすることで集中力が身に付きます。

自分の行動や思考、感情のオーナーはあなたです。

オーナーであるあなたは自分の行動や思考、感情はコントロールできて当然です。

ついつい雑念が入ってしまうことがないよう、自分の意思(理性)で対抗しましょう。

 

スポンサーリンク

 

「集中力の活用」

集中力を身に付けられれば、何事も短時価で成果が出せるようになります。

「アーリーリタイアの為に副業したいけど時間がない」と考えている方もいると思いますが、本当にそうでしょうか?

「ブログやYoutubeでの副業をしてみようかな」と考えてはみたものの、何となく集中できず面倒になり断念していませんか?

集中力を持って行えば、ブログやYoutubeでの広告収入を得るまでに大きな時間は必要ありません。

 

そしてこれらを集中して行うことで、さらに集中力が鍛えられ、仕事や趣味にも良い効果が表れることになります。 

 

「ちなみに」

ちなみに、アーリーリタイアする為には投資が必須ですが、投資信託(特にインデックスファンド)で投資する場合は、ある程度学んでしまえば後はさほどやるコトがないので、集中力はそれほど必要ではありません。

(最初に学ぶ速度に差が出るくらいです)

 

やはり投資信託への投資は気楽でいい。

 

以下をクリック頂けると大変嬉しく、励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

 

よろしければ以下記事もご参照ください。

 

hyoshionnu.hatenablog.com

hyoshionnu.hatenablog.com

 

それではまた。

セミリタイア(アーリーリタイア)に向けての資産状況(2019年12月)

2019年12月時点のセミリタイア(アーリーリタイア)に向けた予実です。

 

f:id:hyoshionnu:20191201132504p:plain


<目次>

 

よろしければ以下記事もご参照ください。

ひょしおんぬのアーリーリタイア実現に向けた実践内容が書かれています。 

hyoshionnu.hatenablog.com

 

 

グラフの説明

・金額は「万円」表記(縦軸)

・総金融資産:投資信託や株の合計金額(住宅ローン・不動産を除く)

・目標(105%複利):毎年400万円程度を投資に充て、年利105%を達成できたと仮定したライン。

 

目標のラインは「2029年(ひょしおんぬ45歳)に7000万円を保有」が到着点として設定しており、それだけの資産があれば夫婦+子一人は生きていけると考えています。

45歳で夫婦ともに退職した(労働による収入が0となった)場合、資産を取り崩しながら生活し65歳時点で3000万円の資産が残っている予定です(資産から年利105%を得られ、年間400万円使用することを想定)

ただ、しょせん「目標」なので、場合によっては「仕事を継続」や「バイトを始める」など、その時の状況に合わせて計画を変更する必要性が出てくる可能性は十分あると考えています(もっと早く引退できる可能性もありますが)

 

スポンサーリンク

 

 現在の状況

2019年12月初の時点での総資産は1,564万円。

今月時点の目標である1,462万円を102万円ほど超えている状態です。

 

ここ数か月は「好調な状況が続いている」ため、資産額が目標を超えている状況が続いています。

しかし、ここで調子に乗って節約を忘れてしまってはセミリタイア(アーリーリタイア)は間違いなく不可能です。

 

たった100万円弱程度のプラスで油断しないよう、気を引き締めていきたいと思います。

資産額を伸ばしている投資家の方々も、この程度の好調で油断するコトがないようお気を付けください。

 

最近では米中の貿易摩擦EU経済の減速など、経済的にはマイナスになりそうなニュースが多く取り上げられていますが、それにも関わらず株価は好調を続けています。

 

よって、そう遠くない未来に株価が暴落するのではないかと警戒しています。

が、そういった予想や世のニュースは気にすることなく、タンタンと定額を全世界株式式分散投資投資信託購入に充てるのがひょしおんぬの戦略です。

 

それによって、長期間の全世界経済の発展に乗るコトが可能となり、今後も世界全体の経済が発展することはまず間違いないため、将来大きな資産を手に入れられるのは間違いないと考えています。

 

よろしければ以下記事もご参照頂き、未来が明るいであろうことを再認識してください。

株式投資は儲かる【今後も株価は上がり続ける】

 

ただし、今後発生するであろう「暴落」 時に、焦って資産を売るコトがないよう、以下のように心構えだけはしておきます。

 

「現在1,564万円を保有しているので、暴落時には資産額が782万円(半分)になるかもしれないが恐れる必要はない。予想通りだ。むしろ買い増しするチャンスだ。」

 

引退計画日まで残り3,318日(883日経過)

 

ひょしおんぬは、この調子でたんたんと投資&節約を続けていくことで、同世代の人たちよりも一足先にリタイアさせてもらいます。

 

以下クリック頂くと大変嬉しく励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

 

よろしければ以下記事もご参照ください。

 

hyoshionnu.hatenablog.com

hyoshionnu.hatenablog.co

Google AdSenseに合格した方法(無料版はてなブログ)

 本ブログは無料版はてなブログで開設1か月ほどでGoogle AdSenseに申請し合格しています。

何が基準で合否が分かれるのか数多くのブロガーが検討されており、ひょしおんぬも正確な合格の理由は分かっていませんが、今回はどういった状況でGoogleAdSenseの合格に至ったのか記事にします。 

 

「無料ブログを使用しているので諦めている方」や「申請しているのに合格できない方」などの参考になれば幸いです。

 

よろしければ以下記事もご参照ください。

普通に生きているだけでも、公開して稼げるだけの知識は身に付いているものです。

自分の知識を公開して稼ぐ(Google AdSense)

 

<<目次>>

 

スポンサーリンク

 

 

Google AdSense申請に至るまで(無料ブログでいけた)」

本ブログは2019年9月13日に開設、9月27日にGoogleAdsenseを申請し、10月6日に合格通知が届きました。

 

ひょしおんぬは、ブログ開設当初はGoogleAdSenseを利用する予定がありませんでしたので「合格するためのポイント」等は調査せず、好き勝手にブログを書いていました。

というのも、「独自ドメイン無し(無料ブログ)では、合格できない」と聞いていたので「お金を払ってまでトライすることではないな」と判断していた為です。

 

しかし、偶然「無料版はてなブログGoogle AdSenseに合格した」という記事を見つけ、ダメ元で申請をしたところ意外なほどあっさりと合格しました。

 

「GoogleAdSense合格時の状況」

以下ひょしおんぬがGoogleAdSenseに合格した際の状況を列挙します

 

無料はてなブログのまま申請(独自ドメイン無し)

→上記でも書いていますが「無料ブログでは無理」というネット記事が大量に存在していたので諦めていましたが、無料版はてなブログでも無事合格しました。

 

投資・アーリーリタイアに特化型したブログとしていた

→「雑記は合格し辛い」というのはよく聞く話ですが、本ブログは「投資」と「アーリーリタイア」に特化して記事を書いていました(最近は関係ない記事が増えてますが…)

 

楽天アフィリエイトのリンクを張った記事が数記事あった

→「アフィリエイト記事があると合格しづらい」というネット情報も見かけましたが、楽天アフィリエイトのリンクを張った記事がある状態でも合格しました。

 

記事に画像の流用はしていない(ネット上のフリー素材も未使用)

→気を付けていたわけではありませんが「フリーの画像の流用(自PCに保存→自サイトにアップデートでも)を止めたら合格した」という話もありますが、本ブログは画像流用を一切していません。

 

ネット上の他サイトからの文章のコピぺは一切していない

→上記と同様ですが「文章を流用していると合格していない」との情報に従い、一切コピペはしていません(自サイトの文章のコピペもほぼしていません)

 

申請時には約30記事を掲載

→ブログ開設以降「1日2記事公開」を継続し、申請時時点では約30記事が存在し、合格の連絡があった際には訳約50記事が存在していました(最近は1日1記事公開)

 

1記事当たりの文字数は1,000文字前後

→文字数が少ない場合は500文字程度、多くても2,000文字程度で記事を公開していました。

平均すると記事当たり1,000文字程度でした。

 

「免責事項」は、他ブログを参考に一部変更品がら流用

 →「免責事項(プライバシーポリシー)」は、「この”免責事項”をコピペしていいですよ」と公開されている方のブログより流用させて頂き、自分なりの文言に変更して掲載しました。

 

---------

合格時の状況としては以上です。

特に難しい何かを行ったわけではなく、タンタンと自身の書きたいことを書いていっていただけです。

 

スポンサーリンク

 

「Google AdSneseの収益は?」

GoogleAdSenseの具体的な収益額を書くことはできませんが、時給換算すると「小学生の家事手伝いレベル」となってしまう程度です。

 

「副収入を得たい」という目的だけでブログを開始しようとしている方であれば、コスパが悪すぎるのでお勧めできません。

(長期間続けられれば収益が増える可能性が高いですが、そこまでモチベーションを保てるとは思えません)

 

「自分の情報発信源」を主目的として利用し「多少でも利益があればラッキー」程度で始めるコトをお勧めします。

 

「本ブログの目的」

なおひょしおんぬは「自分の経験や学んだことをアウトプットすることで、自身の脳に情報を定着させる」ことを主目的にブログを書いています。

アーリーリタイアへの道は険しく、投資に関しても暴落や暴騰に動揺せず、冷静に行動することが求められます。

 

そこで、本ブログ記事をかくことで「アーリーリタイアへの節約が必須だ!」「暴落時こそ買い時!」などなどを自分自身に自然と言い聞かせられるようにしています。

本ブログは、それによって節約意識や投資に対する意識がぶれないようにしているのが主目的です。

(もちん「読者に知ってもらいたい」という意識もあります)

 

「備考」

なお、Google AdSense申請時の手順や対応必須項目(免責事項、プロフィール掲載など)については本記事では触れませんので、別サイトをご参照ください。

ネット検索を丁寧に解説しているサイトがいくらでも出ていきますので、心配はいりません。

  

以下をクリック頂けると大変嬉しく、励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

 

よろしければ以下記事もご参照ください。

hyoshionnu.hatenablog.com

hyoshionnu.hatenablog.com

 

 それではまた。

セミリタイア(アーリーリタイア)をサラリーマンが実現する方法【完全保存版】

今回は本ブログの主題でもある「サラリーマンがセミリタイア(アーリーリタイア)する方法」について考察します。

本記事では本ブログ内の別記事へのリンクを要所要所に貼ってあります。

興味がある箇所だけでもリンク先の記事をご参照頂ければ幸いです。

 

<<目次>>

 

 

「平凡なサラリーマンがセミリタイア(アーリーリタイア)する方法」

ひょしおんぬは過去記事でも何度か書いているように、平凡なサラリーマンであれば問題なくセミリタイア可能だと考えています。 

実際にひょしおんぬは2017年に立てたセミリタイア計画の資産推移目標通りに資産額を増やしています(参考:セミリタイア(アーリーリタイア)に向けての資産状況

 

ただし、当然ですが何も考えずに漫然と生きていてはセミリタイアは出来ません

自分のセミリタイア計画に合わせた「投資」と「節約」が必要になります。

 

そして最も大切なのが「セミリタイアの為に「投資」と「節約」を継続するぞ!」というモチベーションを維持することです。

「投資」や「節約」はその気にさえなれば誰にでもできます。

よって「誰にでもセミリタイア可能」と言えるわけですが、「投資」「節約」を長期間継続する為にはテクニックが必要です。

 

今回はそのテクニックについても記事にしていきます。 

スポンサーリンク

 

「投資を継続してセミリタイアする」

セミリタイアする為には投資が必須です。

労働期間中に資産を形成する速度を向上させるだけでなく、引退後に資産が減少する速度を緩やかにする役割も担っています。

 

投資先には数多くの候補が挙げられますが、ひょしおんぬは主に「全世界の株式へ分散投資」する投資信託に投資しています。

これは「株主になることで自分の為に働いてくれる労働者を作る(搾取される側から搾取する側に移る)」ことと「今後も発展するであろう世界経済に乗っかる株式投資が儲かる理由))」ことが目的です。

 

これによる期待リターンは年利5%(過去100年以上の実績より算出)を想定しています。

 

なお個別株投資は、投資先の企業を選定することが簡単ではなく、一般投資家にはハードルが高いのでお勧めしません(投資信託を活用すれば誰でもセミリタイア可能

 

また、最近流行りのアメリカ株集中投資に関しても、アメリカ固有の問題で「アメリカ株のみ低成長する」可能性もありますので、個人的にはお勧めしません。

これは「何かが起こると予想している」わけではなく、「何が起きてもおかしくない」との考えの元です。

 

それでは、投資有無による資産額推移の具体例として以下条件のグラフを載せます。

・共働き夫婦、子供一人を想定

・世帯手取り年収600万円

・年間300万円を貯蓄、同額を投資(年利5%)

・42歳にリタイア

f:id:hyoshionnu:20190917213931p:plain

投資をしているケース(赤線)と投資をしていないケース(青線)を比較すると、リタイアをした42歳時点ではそれほど大きな資産額の差はでませんが、リタイア後の資産が減少するペースが大きく違うのがよく分かります。

 

これが投資有無による差です。

 

他の具体例として、収入額に関係なく「手取り収入の55%を年利5%を得られる資産に投資する」ことが出来れば、資産0円からでも約10年でセミリタイアできるコトも挙げさせてもらいます(収入・貯蓄に関係なく10年でセミリタイアする方法

 

これを無理に狙う必要は一切ありませんが「努力すればセミリタイアできる」ということは理解頂けるはずです。

 

「投資を継続するテクニック」

 投資による効果は理解頂けたと思いますが、投資を継続するにはテクニックが必要です。

そのテクニックは使い古されたものですが「毎月自動的に投資信託を購入するよう設定し、残ったお金で生活する」です。

よく聞く「給料が振り込まれたら自動的に定期預金に貯金し…」の投資バージョンです。

 

ひょしおんぬの場合は楽天証券楽天銀行を使用しており、「楽天証券で毎月〇〇日に投資信託を〇〇万円買う」と設定しておくと、自動的に楽天銀行から楽天証券に必要金額が振り込まれ、投資信託が購入されるようにしています(自動スイープ設定)

 

よって一度設定をしてしまえば、楽天銀行に振り込まれた給与が勝手に投資信託購入に使用されるようになりますので、投資にかける労力はゼロです。

 

そうしておけば、投資家が意識することなく自動的に投資を継続することができ、かつ銀行口座には余った給与しか残らないので、無駄使い防止(したくてもできない)にもつながります。 

スポンサーリンク

 

「節約を継続してセミリタイアする」

例え投資に成功しどれだけ資産を増やすことに成功していたとしても、浪費していてはセミリタイアは絶対に不可能です。

お金は使おうと思えばいくらでも使い道があり、お金を手に入れた当初は大金を使えば使うほど満足感が得られます。

 

そして「大金を使う生活」にいったん慣れてしまう(生活水準を上げてしまう)と、そう簡単には元の生活に戻せません。

そうすると「セミリタイア不可能」どころか「老後破綻」も見えてきます。

よって、セミリタイアするには節約意識を高めたまま(生活水準をキープしたまま)生活していくことが求められます。

 

とは言え無理に毎日「節約しよう」と考えながら生活していては心労が重なって疲弊してしまいますので、キーワードとして「調子に乗らない」という言葉を挙げさせてもらいます。

 

サラリーマンをしていると「ボーナス」を受け取る機会があります。

投資をしていると「株価の暴騰により資産が大きく増える」こともあります。

そんな時あなたは「調子に乗って」お金を使っていませんか?

「お金が手に入った分だけ消費する」生活を続けていては一生セミリタイアできません。 

 

あなたが「本当に欲しいモノ」にだけお金を使うよう心がけましょう。

 

「節約を継続するテクニック」

節約を継続するのは思っているほど簡単ではありません。

「節約の為に極力暖房を使わないようにしよう」と決意したはいいものの、寒さに耐えきれずに暖房を入れてしまうような経験はありませんか?

 

「節約しよう」と決意するのは簡単ですが、それを継続するのは困難です。

 

その理由の多くは「すぐには効果が実感できないから」 です。

 

光熱費の節約は、節約をしてから1~2か月先の光熱費が通知される日まで効果が不明ですし、通知があったとしても光熱費が数万・数千円も下がるわけではないので、効果がそれほど実感できません。

 

また外食を控えるようにしていても1回当たり数千円の節約にしかならず、自宅での食事に安い食材を活用するようにしても数百円単位の節約にしかなりません。

 

節約をひとつひとつの事象別に見てしまうと、総じて「少額」の効果しか出ないのです(「色々とした節約」の合計金額は大きいはずですが)

 

そこで節約を継続する為に「少額の節約は未来の大金になると理解する(お金を貯めるコツ(節約を続けるコツ))と覚えてください。

節約により「今得られたお金」は少額かもしれませんが、投資に回すコトで「未来のお金」は大金となっています。

 

あなたが1か月間外食を控えて貯めた1万円は、将来の10万円です。

また、これからの人生で散髪代を節約すれば1,000万円以上の資産ができます。 

 

こういったイメージを常に抱くように意識し「少額のお金は未来の大金」であることを忘れないようにする必要があります。

スポンサーリンク

 

 「セミリタイアへのモチベーションを維持するテクニック」

と、ここまで読んで頂いて「頑張って投資、節約しよう!」と思い至った読者がいてくれたら幸いです。

(ひょしおんぬは本記事を書いていてモチベーションアップしました)

 

しかし、その思いはいつまでも続くわけではありません。

映画やドラマを見て感動しても、翌日にはその感情のほとんどを忘れてしまいます。

プロジェクトX等で偉業を達成した人の物語を見て「自分も仕事を頑張ろう!」と考えたとしても、数日でその情熱は消えてしまいます。

 

セミリタイアするには「投資・節約意識を維持し続ける」必要があります。

しかし「意識」は儚く消えやすいので、それを維持するためには”リマインド”が簡単でかつ効果的です。

ここからはその「リマインド」のテクニックを紹介していきます。

 

「自分の資産額の推移を記録する」

どんな努力も効果が出ていないとモチベーションが上がりません。

そこで、資産額の推移を記録することをお勧めします。

 

ひょしおんぬであれば本ブログで公開しているように「一か月に一度夫婦の資産額を確認し、エクセルでグラフ化、ブログに掲載」という段取りを取ることで、資産額が着々と増加していることを実感しています(セミリタイア(アーリーリタイア)に向けての資産状況

そしてセミリタイアが近づいてきているコトを理解(今のやり方で間違っていない。と)し、モチベーションアップにつなげています。

 

日々家計簿をつけることも大切かもしれませんが、上記のように「現状(1か月生活した結果)」だけでも毎月残しておくことをお勧めします。

(ひょしおんぬは面倒なので家計簿を付けていません)

 

セミリタイア・節約・投資に関する情報に触れる」

定期的に本やインターネット等で、「セミリタイア」「節約」「投資」の情報を見ていると、セミリタイアに対する情熱が失われずに済みます。

ひょしおんぬであれば、本ブログ記事の作成やセミリタイアブログの定期チェック、経済ニュースの購読、などなどが挙げられます。

 

セミリタイアに関する情報に触れることでセミリタイアに対する情熱を再燃させ、大きくなった情熱の力でセミリタイアに関する情報に触れる時間を作る。

こういった好循環が起こればあなたはセミリタイア可能なモチベーションを手に入れたも同然です。

(このブログがそのきっかけとなってくれたら最高です)

 

セミリタイア後の生活を想像する」

セミリタイアできれば、あなたの時間はあなただけのものです

あなたの所属会社の株主に、あなたが稼いできた利益を搾取されることもありません。

その時の自分の姿を想像してください。

 

ひょしおんぬであれば「ディズニーリゾート」と「家族といる時間」が大好きなので

ディズニーリゾートに家族でいる姿を想像してモチベーションアップにつなげています。

また、実際にディズニーリゾートに行った際に「セミリタイアすればこの幸せな時間がもっと作れるぞ」と想像することもあります。

 

多くのサラリーマンは「仕事行きたくないなぁ…」と考えたことがあると思います。

一般的にその「仕事に行かないで済む状況の実現」は「実現不可能な夢」と捉えがちですが、セミリタイア可能だということを理解すれば、それはただの「夢」ではなくなく「目標」に変わります。

 

「仕事行きたくないなぁ…」という考えをセミリタイアへのモチベーション元にできれば、無限にモチベーションが沸いてくることでしょう。

(それが健全どうかは置いておいて…) 

スポンサーリンク

 

「誰にでもセミリタイアできる」

セミリタイアは誰にでも実現可能です。

しかしその為には「投資」「節約」を継続して行うことが必須です。 

一時的に「投資」や「節約」を行うコトは誰にでも可能ですが、継続する為にはテクニックが必要です。

今回はそのテクニックについて記事にさせてもらいました。

この記事を参考にセミリタイアに成功した読者が出てきてくれれば、これ程嬉しいことはありません。

 

セミリタイアできる」とは、言い換えれば「収入を気にしないで好きな仕事ができる」とも言えます。

ひょしおんぬの場合、セミリタイア可能な資産を構築した後には「自分の好きなコトをして(少額でもいいので)稼ぐ生活をする」ことを目標にしています。

 

その日が楽しみです。 

 

以下をクリック頂けると大変嬉しく、励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

 

よろしければ以下記事もご参照ください。 

アーリーリタイアも魅力的ですが、収入にこだわらない好きな仕事をするというのも世の為、自分の為ともなります。

hyoshionnu.hatenablog.com 

 

自分が学んできたことを公開することで他人に貢献することができます。

その結果自分も稼げたら最高ですね。

hyoshionnu.hatenablog.com

  

それではまた。

PVアクセスランキング にほんブログ村