投資信託で凡人がセミリタイアするブログ

投資信託へ投資する平凡な共働きサラリーマンが40代でのセミリタイアを目指し、投資や節約に奮闘する内容を記事にしていきます

スポンサーリンク

「保険」は「募金」でもある(見直しする前に)

皆さん何らかの「保険」に加入していると思います。

加入の際にはもちろん「これは必要な保険だろうか」と検討されていると思いますが、考え方によっては「保険」は「募金」にも成りうることはご存じでしょうか。

 

よろしければ以下記事もご参照ください。

 

【必見】あなたが投資を始められない理由 - 平凡な共働きサラリーマンがアーリーリタイアを目指すブログ

 

「保険は募金とは?」

保険には「自身に何か問題が起こった際にお金で援助してもらう」という役割が当然メインとしてありますが、見方を変えれば「何か問題が起きた人にお金を援助(募金)する」仕組みでもあります。

 

例えば、あなたが支払った火災保険の保険料は、保険会社を通じて「住宅火災が発生した方」へと募金のように渡されます。

そういった考え方ができれば、銀行口座から引かれていく保険料も心穏やかに見られるのではないでしょうか。

 

また、このような考え方は多岐にわたって適用できます。

例えば、あなたが「騙されてポンコツを高値で買ってしまった場合」は、あなたが支払ったお金は「騙して売った業者に寄付した」とも考えられます。

「騙し取られた!」と思うのではなく、「ポンコツを高値で売らないといけない状況の人への募金をした」と思えば多少は気が楽になるのではないでしょうか。

 

 

 

・・・ならない?

 

スポンサーリンク

 

 

「どうせ払うなら心穏やかに。善行だと思って。」

話がそれましたが、

ひょしおんぬは保険会社の回し者ではありませんし、民間の医療保険には入っていないくらいです。

節税になる範囲内で貯蓄型の死亡保険だけ加入しています。

(死んでも300万円しか支払われない)

 

保険のように固定費として引かれるものは極力減らしたいものですが、ある程度の保険は加入しておく必要がありますので、上記で書いたように「募金しよう。いいコトをしている。」と考えながら加入しておくことにしましょう。

(かといって、無駄な保険は入らないようご注意ください)

 

と、年末調整の資料を見ながら思うのでした。

 

以下をクリック頂けると大変嬉しく助かります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

 

よろしければ以下記事もご参照ください。

hyoshionnu.hatenablog.com

hyoshionnu.hatenablog.com

 

それではまた。

PVアクセスランキング にほんブログ村